みとちゃんダンス

みとちゃんダンス みとちゃんダンスは、水戸市有志職員バンド・MMMが作成したみとちゃん応援ソング「もっとmeetみとちゃん」に、水戸市小学校体育連盟の教師がダンスの振り付けを考案したものです。

 下記の動画では、みとちゃんダンスに合わせて、市内観光スポットを紹介しております。

みとちゃん

 水戸市のサイトでは、上記以外にも色々なバージョンのみとちゃんダンスの動画を紹介しております。
※下記のボタンをクリックしますとみとちゃんダンスの紹介ページを表示します。

ご挨拶

高橋やすし 市民の皆様には常日頃から高橋やすしの政治活動にご理解とご協力をいただき、心から御礼と感謝を申し上げます。
 平成23年5月に水戸市長に就任して以来、安心できる暮らしの実現を確固たる政治理念とし、東日本大震災からの復旧復興を最優先課題とし、社会インフラ整備や公共施設の耐震化、避難所機能の強化、放射線対策等に積極的に取り組んでまいりました。
 市民の皆様にご協力をいただき、市民生活はすっかり落ち着きを取り戻しており、復旧復興から本格的な振興発展への歩を進めているところです。
 そのような中、水戸市では市役所新庁舎、新ごみ処理施設、新たな市民会館、東町運動公園新体育館等の大型プロジェクトを抱えています。いずれも水戸市の活性化や市民生活の安定のために必要な施設ですが、これら大型事業により行政サービスの低下を招くことは絶対にあってはならないことです。徹底した行財政改革を推し進め、財源確保を図り、財政規律を守りながら、質の高い行政サービスの提供に努めてまいります。
 一方で人口減少、超高齢社会に突入しており、子育て支援や高齢者福祉政策に一層の力を注いでいかなければなりません。平成27年4月より子ども子育て支援や介護保険の新制度も始まります。いずれもサービスの充実を図るべく新制度の適切かつ適正な運用に努め、水戸市の独自性を発揮しながら、子育てしやすい環境、高齢者が安心して暮らせる環境を整えてまいります。
 国においては、まち・ひと・しごと創生法や地域再生法の一部を改正する法律が成立しており、地方創生への動きが高まっています。しかし努力をしない自治体にまで支援が届くという短絡的な仕組みではないと推察しています。大切なのは知恵、アイデア、そして人だと考えています。観光振興や中心市街地活性化、農業振興、子育て支援などにおいて、水戸市独自の知恵やアイデアを磨き上げ、官民ともに人材を動かし、地方創生戦略計画を策定し、地域経済の活性化を図ってまいります。
 そのためにも水戸市第6次総合計画みと魁プランの着実な実行とともに、時代に対応した柔軟な政策を積極的に展開してまいります。そして人、物、情報をしっかり吸収することにより、都市間競争に打ち勝つ強固な都市力を身につけ、市民生活を豊かにし、水戸市は力強い財政力を持ち、人々に安心と安定を提供してまいります。
 水戸市の将来都市像として掲げた「笑顔あふれる安心快適空間 未来に躍動する魁のまち・水戸」の実現のために、引き続き水戸市のかじ取り役として一生懸命精進努力してまいりますので、市民の皆様のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。